キャッシング審査の指南書

キャッシングの審査・通りやすくする方法

 

キャッシングの審査・通りやすくする方法

キャッシングを利用される方の多くは「どうすれば、キャッシング審査が簡単になるのか?」と悩んだり、頭を抱えておられるはずです。

 

年収が多く、勤続年数も長く、持ち家あり、他社での借入はステイタスの高いクレジットカード1〜2社程度で毎月送れなく返済、このような条件は「高い融資が受けられる」最高の条件と言えます。

 

反対に「審査に通りにくい属性」は、今ご紹介した条件と全く逆の属性を指します。年収が少なく、転職したばかりで勤続年数が浅い、借入は3社以上、借金が膨らみ返済が滞っている、住まいはアパート暮らし。このような状況では、審査に通ることは難しいと言えるでしょう。その中でも、返済が滞っているというのは最も危険で、それだけで審査落ちの原因にもなり得ます。他の項目は簡単に変えられるものではありませんが、延滞は努力と注意次第で防ぐことが可能です。そこだけは気をつけましょう。

 

しかし、属性に問題を感じる方も「諦める必要」は全くありません。最近では、勤続年数半年前後で審査にクリア出来るローンも増えてきています。特に、消費者金融のカードローンは、審査の条件が緩やかなので、安心して申し込むことができそうです。ただ、審査が最も厳しく行われるような、銀行、信販会社は(審査に通りにくい属性の方)可決するのが難しいので避けるべきかもしれません。

 

審査に通りやすくするには、自分の収入や家計の条件にマッチしたローンを選ぶことです。あまりにも審査の厳しいもの、ステイタスの高すぎるローンでは、審査の条件とマッチしません。銀行や信販会社の場合は、ある程度勤続年数が長い、お勤めの方に向いているローンと言えます。

 

銀行も消費者金融も結果的にお金を借りられることには変わりないので、無理に審査の難しいところに申し込む必要はありません。無闇に申し込んで審査に落ちるとその後の審査にも影響してしまいます。一発で審査に通過するつもりで申し込むようにしましょう。