キャッシング審査の指南書

アルバイトでも借りられるキャッシング

アルバイトでも借りられるキャッシング

皆さんも既にご存知の通り、20歳以上という年齢(貸付け条件)をクリアしていれば、アルバイトの方でも気軽にキャッシングでお金を借りることができます。お金を借りる方法としては、カードローン、クレジットカードの2種類が代表としてありますが「お金を借りる」ということを目的(中心)とするのなら、カードローンでキャッシングをするのが一番です。

 

実は、カードローンの金利とクレジットカードのキャッシングの金利はさほど変わりません。では、どちらでキャッシングをしても変わらないじゃないかということになってしまいますが、この2つには決定的な違いがあるのです。それがサービスやキャンペーンの有無です。

 

クレジットカードは当然ながらクレジット機能がメインとなっており、はっきり言うとキャッシング機能はおまけみたいなもの。クレジットカード会社はクレジット機能を積極的に利用してもらうために様々なキャンペーン(ポイント増量キャンペーンなど)を打ち出しますが、キャッシングに関するキャンペーンやサービスにはさほど注力していません。むしろ、皆無と言っていいでしょう。

 

それに比べ、カードローンはキャッシングが中心のサービスです。キャッシングに関するキャンペーンやサービス(無利息期間など)を頻繁に行っておりそれらを使うことでとてもお得になるというわけです。なのでカードローンとクレジットカードは同じ程度の金利でも、キャンペーンなどを利用することで、結果的にカードローンの方が、遥かにお得に使えることになるのです。サポートもしっかりしているので安心もできますしね。

 

話がそれてしまいましたが、アルバイトであっても利用しやすいのはカードローンの方ではないでしょうか。もちろんクレジットカードはショッピング用として持っていても損はありません。

 

アルバイトにとってカードローンがおすすめなのは、上記の理由だけではありません。アルバイトというのは不安定な業務形態であることは言うまでもありません。正社員に比べて属性的にポイントが低いのは事実です。つまり審査において少し不利になってしまうということです。

 

ここで、クレジットカードとカードローンの審査を比べれば当然、カードローンの方が審査に通過しやすいと考えられます。クレジットカードは種類によって審査の過程は違います。アルバイトだとクレジットカードの審査に通らないかと言えばもちろんそんなことはなく問題なく取得はできると思います。ですが、融資可能額も審査によって決まるということを忘れてはいけません。

 

なにが言いたいかというと、どちらの審査にも無事通ることができたとしても、審査が比較的易しいカードローンの方が融資額が大きく可決される可能性が高いということです。また、クレジットカードにはショッピング枠も付帯されるので、キャッシング枠をその分小さくされてしまう可能性も考えられます。