キャッシング審査の指南書

以前に利用していた会員が再びキャッシングできるのか?

 

かなり前に利用していた会員が再びキャッシングはできるのか?

キャッシングサービスを利用し、晴れて完済した方の中には、その後も全くキャッシングせずに生活している方も大勢いらっしゃるかと。やはり金利の部分など、負担がそれなりにあることを身を持って実感し、「二度と利用しない」と心に誓うこともあるようです。しかし、人生何が起きるかは分かりません。このように誓った方でも、また入用ができてしまい、急遽、お金が必要となってしまった場合もあるもの。

 

もし、完済した後、解約せずに長い期間、放置をしていたら、また利用できるのか?気になるところではないでしょうか。

 

 

サービス利用は再びできるのが標準

基本的に、問題なく利用できることが、どの業者も標準となっています。ただし、あまりにも長い間、利用していないとなると、さまざまな手続きが必要となる場合もあります。10年前利用していたとなると、業者の形態自体が変わっていることもありえます。例えば、レイクなんかはその代表と言っても良いでしょう。新生銀行のレイクは10年前、新生銀行とは全く関係のない独立した消費者金融業者でした。その頃のレイクのカードをATMに差し込んでも当然、利用はできないわけです。

 

元来、この手の業者は形態がよく変わるため、よくある話なのです。こうなった場合は、すみやかに利用している業者に連絡して指示を仰ぐことに。その手続きが完了すれば、サービスを再び利用することができます。と、このように若干のイレギュラーはあるものの、キャッシングのカードには基本的に有効期限がないため、古くなったから使えなくなるということはありません。

 

 

場合によっては再審査も

気を付けたい点は、先の例のように、本当に長い期間、利用していなかった状況。長ければ長いほど、利用者の環境も変化しているわけですから、無条件に再利用可とすることは、業者としてはリスクを負ってしまいます。したがって、再審査を行うことは致し方がないところですし、心情的にも十分に理解できます。もし再審査が必要と判断された場合は、反発せずに素直に受けるようにしたいところですね。